専業主婦でも借りられるキャッシング

専業主婦でも借りられるキャッシングは銀行カードローン

専業主婦は借りられる金融機関は限られていますが、銀行系カードローンなら借りることができます。
総量規制という貸金業者が守る法律があり、借入は年収の1/3までと決められています。
レイク、三菱東京UFJ銀行カードローンなどの銀行が運営しているカードローンでは銀行法が適用されます。

 

そのため貸金業法の規制を受けず総量規制対象外です。
総量規制の対象外であれば収入がない専業主婦でも借りることが可能です。

専業主婦は消費者金融では借りられない

一方でアコムやプロミスなどの消費者金融系は貸金業者に当たるので貸金業法が適用され総量規制の対象です。
消費者金融系ローン会社では申込みの条件として安定した収入のある方をあげており、専業主婦は自分の収入そのものがないので消費者金融では融資を受けることができません。
同様の理由から専業主婦は信販系(クレジットカード会社が運営するオリコ・セゾンなどのカードローン)の貸付も受けることができません。

 

本人に収入がなくても配偶者と合算した年収の1/3以下までなら借りられる制度(配偶者貸付)もありますが、対応している消費者金融会社は少ないです。
また配偶者貸付には配偶者の同意書が必要なため内緒で借りたい場合などに適していません。

安心して借りられる理由

一度も借入をしたことがないと知識もなく不安になることもあるかもしれません。

専業主婦 カードローンに申込むなら銀行カードローンに申込みましょう。
安心して借りられる理由を説明します。

 

名の知れている銀行だから安心

銀行カードローンは誰もが知る銀行が運営しています。
申込みや契約時の対応やホームページの内容も細部まで行き届いており安心できます。

銀行カードローンなら低金利

消費者金融と比べると銀行運営のカードローンは低金利で借りることができます。
金利が低いほうが支払う利息が安く済みます。

家族に内緒で借りられる!

申込者のプライバシーを守るため、本人以外に連絡をしたり会社名を名乗って確認されることはありません。
電話確認の際に申込者本人以外が出たとしてもカードローンの話はしません。
銀行カードローンの場合は銀行名で確認の電話がかかってきます。
個人名でかけてもらうことや時間の指定、男女の指定どちらかなども相談可能です。

バレないためのカードローン会社の工夫

カードローンを契約後にキャッシング専用のローンカードが郵送で届きます。
封筒にはローン会社名は記載されていませんので、封筒を見られてもキャッシングの申込みがばれることはありません。
手持ちの普通預金口座のキャッシュカードにカードローン機能が追加されるタイプのキャッシングもあり、万が一お財布の中を見られたとしても、借りていることが発覚することもありません。

担保も保証人も不要!

家を担保にしたり、保証人を探す必要はありません。
銀行系のカードローンでは審査をして保証会社が保証するしくみになっているので担保や保証人は必要ありません。

専業主婦目線!カードローン会社選びのポイント

 

カードローン会社にはそれぞれ特徴やサービスがあります。
すぐにでも借りたいのか?とにかく毎月の返済負担を減らしたいなど、自分の最も重視する条件を考えましょう。

融資スピード重視の場合

すぐに現金が必要な時は最短即日融資が可能なカードローンを選ぶ必要があります。
即日融資には時間の制限があります。
また申込む銀行の口座を持っていることを条件としていることがあります。

月々の返済額をおさえたい場合

月々の最低返済額は借入金額によってことなりますが、各金融会社でも違いがあります。
家計から返済に充てられる金額が少額になりそうな場合は最低返済額が少ないカードローンにしましょう。
(例)10万円借りたケースの最低返済額

キャッシング会社 最低返済額
新生銀行レイク 3,000円
みずほ銀行カードローン 10,000円
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 2,000円
じぶん銀行カードローン 2,000円(借入利率15%超の場合)
イオン銀行カードローンBIG 3,000円
楽天銀行スーパーローン 3,000円
東京スター銀行スターカードローン カードローンタイプ:5,000円
ネットローンタイプ:10,000円
オリックス銀行カードローン 7,000円
セブン銀行 5,000円(利用限度額が10万円の場合)

借入金額によっても最低返済額は変わるので借入予定の金額がいくらずつの返済になるかを比較しましょう。

金利重視の場合

専業主婦の場合、最高で借りられる金額が30万円もしくは50万円のことが多いので最高金利が適用されます。
最高金利を比較して実質年率が安いものを選びます。
また、一定期間内は利息がかからない無利息期間を設定している金融業者があります。
期間内に全額返済できる目処がある場合や返済に長い期間かからない場合は無利息期間がある業者を利用した方が支払う利息が安くすむこともあります。
金利を比べるだけでなく返済期間と無利息期間を比較することも必要です。

できるだけ多く借りたい場合

専業主婦の利用限度額は多くの場合が最高30万円か50万円です。
借りたい金額が大きい場合や後々多く借りる可能性がある場合は最初から利用限度額の高いところを選びます。

キャッシング会社 利用限度額 金利
新生銀行レイク 30万円 18%
みずほ銀行カードローン 30万円 14%
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 30万円 14.6%
じぶん銀行カードローン 30万円 17.5%
イオン銀行カードローンBIG 50万円 13.8%
楽天銀行スーパーローン 50万円 14.5%
オリックス銀行カードローン(※) - -
東京スター銀行スターカードローン 希望する金額 14.6%
セブン銀行 50万円 15%

(※)専業主婦は借入できません。

初めてでも簡単!安心!借入の手続き

事前に自分にあった申し込み方法を選んで流れを理解しておくとスムーズに契約することができます。

申し込みの方法

パソコンやスマホを使ってインターネットで申込みができます。
自動契約機や店舗に出向いても契約できますが24時間申込みが可能で周囲にバレずに申込むにはネット申込みがおすすめです。

申し込みから融資までの流れ

  1. 申込み
  2. 申込フォームに申し込み本人の必要事項を入力します。

  3. 審査
  4. 各業者の審査基準により審査が行われます。
    審査基準は公開されていません。

  5. 審査結果の連絡
  6. メールや電話で審査結果の連絡がきます。
    早くて30分長くても1時間程度で審査結果の連絡があります。

  7. 契約
  8. 契約の際の免許証など必要書類の提出がある場合でも撮影してメールに添付することで対応してくれます。

  9. 融資
  10. 発行されたカードを使ってコンビニなどの提携のATMで出金することができます。
    ローンカードが届くまでの間は振込みをしてもらえます。

融資までの流れや返済など途中でもしわからないことがあれば電話して聞くこともできます。
業者によってはレディースキャッシング(レディースローン)などといった女性専用のキャッシングサービスがあるところもあります。
電話応対は女性なのでわからないことや不安なことも聞きやすくなっています。

意外と多い、専業主婦のお金が足りなくなる理由

専業主婦でお金が足りないというのは珍しい話ではありません。
住宅ローンの返済から生活費が不足したり、冠婚葬祭が重なることもあります。
主婦には生活費に困窮することがあってもパートやアルバイトにすぐに出られない状況もあります。
誰にも相談できずに悩み続けていても解決しません。
専業主婦でも借りられるキャッシングを知っておくとピンチを乗り切ることができます。